• TOP比較
  • 癌・機能性成分の最新ユース
  • イラスト解説:免疫力とがん
  • Q&A
  • サイト編集方針
癌に対する機能性成分の効果について、マスコミや学会発表などの第三者からの情報で、検証することを目的としています。
本サイトの編集方針

本サイトは、最新の科学的根拠(学会発表論文)と、信頼性が高い情報(メディア掲載記事)を記載することで、癌患者の方やその家族が機能性成分を検討するときに、信頼できる良質な情報を提供していくことを目的としています。そのため、以下の方針に基づいて、サイトを作成しています。

□メディア情報の掲載方針

メディア掲載は、読売、朝日、毎日、産経、共同通信とがん専門誌「がんサポート」に掲載されている情報のみをピックアップしています。 掲載にあたり、「癌」と「食品(機能性成分)」の「研究」「効果や副作用の報告」を新しい順にピックアップしています。

□論文・学会発表の掲載方針

国際データベース(Pubmed)、国内データベース(Jmedplus)に登録されている、癌患者の方を対象とした臨床試験の論文報告・学会報告について、各成分ごとに新しい報告から3つを選び掲載しています。
本サイトでは、「動物試験」や「細胞試験」は、「ヒトの臨床試験」よりも研究の信頼度が低いと考えており、「動物試験」や「細胞試験」レベルの研究報告は全て除外しています。

※国際データベース(Pubmed>>) :米国国立生物工学情報センターが公開している医学関係文献データベースで、世界最大の医学文献データベースMEDLINEの全文献も含まれています。
※国内データベース(Jmedplus>>):独立行政法人科学技術振興機構が提供する日本国内発行の資料から医学、薬学、歯科学、看護学、生物科学、獣医学等に関する文献情報を収録したデータベース

□報告のある有用成分

国際データベース(Pubmed)に収載されている論文で、「抗癌」「免疫調節」に関する成分として報告されているものを記載しています。
国際データベースにおいて、論文で報告されていないものは、一般情報で最も記述されている一つの成分を記載しています。

□リンクについて

新聞記事、論文、企業のニュースリリースに関しては、調査した範囲で閲覧可能なものは、全てリンクをつけるようにしています。
企業サイトについては、研究や企業の紹介を主な目的にしているサイトにはリンクをつけていますが、販売を主な目的としているサイトへはリンクしていません。

□問合せ

infox-men-eki@men-eki.netシーエムシー・パートナーズ

ページトップ