• TOP比較
  • 癌・機能性成分の最新ユース
  • イラスト解説:免疫力とがん
  • Q&A
  • サイト編集方針
癌に対する機能性成分の効果について、マスコミや学会発表などの第三者からの情報で、検証することを目的としています。
※本サイトで紹介している機能性成分の関連ニュースはそれぞれのページで確認してください。
癌に関する食品の最新ニュース
更新:2015年3月
タイトル 紙面名、発刊日 研究の種類
□プロポリスが癌に効くと偽ったとして、薬事法違反の疑いで有名大学教授が書類送検されたとの紹介記事
記事では、プロポリスを販売する会社が「癌に効く」と偽り薬事法違反とされ、これを助けた有名大学教授を書類送検したことが紹介されている。
2014/3/10 朝日新聞 事件
記事では、乳がんホルモン療法施行患者におけるシイタケ菌糸体の臨床研究について紹介されている
シイタケ菌糸体>>」については、本サイト内でも情報提供をしています。
2014/1/25 がんの先進医療 臨床研究
記事では、細胞実験で、還元型コエンエンザイムQ10がん細胞から老化の原因である活性酸素の発生を抑えたことが紹介されています 2013/12/26 毎日新聞ト 細胞研究
□コーヒーと病気発症に関する解説記事
記事では、厚生労働省研究班の「コーヒーを毎日飲むヒトの肝がん発症率がほとんど飲まないヒトの半分である」という報告が紹介されています。
関連リンク:国立がん研究センターリサーチニュース>>
2013/10/17 毎日新聞 臨床研究
□乳酸菌と乳癌予防に関する紹介記事
記事では、乳酸菌シロタ株を週4回以上摂取した女性は、乳癌の発症リスクが低い可能性があるとした研究結果について紹介されています。
2013/10/11 産経新聞 臨床研究
記事では、免疫抑制と生存率のデータについて紹介し、シイタケ菌糸体の解説も紹介されている
シイタケ菌糸体>>」については、本サイト内でも情報提供をしています。
2013/09/16 がんサポート 解説
記事では、製薬企業の免疫とシイタケ菌糸体研究の取り組みについて紹介されています
シイタケ菌糸体>>」については、本サイト内でも情報提供をしています。
2013/09/16 がんサポート 臨床研究
□シイタケ菌糸体の癌患者の免疫抑制状態改善研究の紹介記事
記事では、標準治療後がんの再発・転移と患者自身の免疫力は密接に関係し、シイタケ菌糸体が患者の免疫状態を改善するとした研究例が紹介されている
シイタケ菌糸体>>」については、本サイト内でも情報提供をしています。
2013/04/16 がんサポート 臨床研究
記事によると、九州大学のグループがカテキンとED治療薬を併用すると抗癌作用が増強されることを動物モデルで明らかにしたとのこと 2013/01/26 朝日新聞 成分研究
記事では、標準治療後がんの再発・転移と患者自身の免疫力は密接に関係すると解説し、シイタケ菌糸体の改善作用の研究例も紹介されている
シイタケ菌糸体>>」については、本サイト内でも情報提供をしています。
2013/01/15 がんの先進医療 臨床研究
□ビタミンDの解説記事
記事によると、ビタミンDと疾患の関係の研究が進み、ビタミンDの欠乏と大腸癌の再発の関係も報告されているとのこと
2013/01/24 毎日新聞 解説
□大学病院での補完代替医療取り組みの紹介記事
記事によると、金沢大学、東京女子医科大学、徳島大学、大阪大学、三重大学などでサプリメントなどの補完医療の取組みを実施しているとのこと
関連リンク:金沢大学補完代替医療の紹介記事(週刊がん)>>
2012/12/16 大阪読売新聞 診療
記事によると、記事によると、東京医科歯科大学で癌患者などの免疫状態を把握するのに有用な免疫力スコアが開発されたとのこと 2012/10/20 毎日新聞 臨床研究
記事では、がんの再発・転移はがん細胞の増えるスピードと免疫がこれを抑える力に影響すると解説し、シイタケ菌糸体が患者の免疫状態を改善するとした研究例が紹介されている
シイタケ菌糸体>>」については、本サイト内でも情報提供をしています。
2012/09/16 がんサポート 臨床研究
□がんや老化防止につながる成分を青ジソから発見した研究の紹介記事>>
記事によると、京都大学薬学研究科が、DDCというがんや老化の予防物質を青ジソから発見したとのこと
2012/08/08 毎日新聞 成分研究
記事によると、秋田大学教育文化学部がホップの葉に免疫を高める成分が含まれていることを発見したとのこと 2012/08/02 朝日新聞,47news 成分研究
記事によると、長崎国際大学薬学部などが、サフランに含まれる成分に大腸癌予防作用を発見した結果を発表したとのこと 2012/06/22 中部読売新聞 動物研究
記事では、がん患者の免疫状態が標準治療の成功に影響すると解説し、シイタケ菌糸体が患者の免疫状態を改善した研究例が紹介されている
シイタケ菌糸体>>」については、本サイト内でも情報提供をしています。
2012/06/16 がんサポート 臨床研究
□海藻を毎日食べることによる閉経後女性の甲状腺がんリスク増加に関する研究の紹介記事>>
記事によると、国立環境研究所が、閉経後女性のうち、海草を毎日食べる人はそうでない人に比べて甲状腺がんになる危険性が高い結果を発表したとのこと
「海草由来のフコイダン>>」については、本サイト内でも情報提供をしています。
2012/04/22 産経新聞 東京 疫学研究
記事では、がん免疫に対するカワラタケやシイタケ成分の研究実績や実力が紹介されています。
シイタケ菌糸体>>」については、本サイト内でも情報提供をしています。

2012/03/16 がんサポート
臨床研究
記事によると、がんの再発予防には「免疫抑制細胞」を抑えることが重要で、食品成分の有用性についても研究が進められているとのこと。
2011/12/16 がんサポート
臨床研究
□肉食系で大腸がんのリスクが高まるとの研究結果紹介記事
関連リンク:国立がん研究センターリサーチニュース>>
記事では、国立がん研究センターの8万人を対象にした研究で、肉を多く食べる日本人は大腸がんになるリスクが高いことを紹介しています

2011/11/18 東京読売新聞
臨床研究
□「食がカラダを変える!」の講演内容紹介記事
関連リンク:産経health関連ページ>>
記事では、「医食農同源」の食材の考え方として「マゴタチワヤサシイ」(マは豆、ゴはゴマ、タは卵、チは乳(牛乳)、ワはワカメなどの海藻類、ヤは野菜、サは魚や肉類、シはシイタケ(キノコ類)、イはイモ類)などが紹介されています
「海草由来のフコイダン>>」「シイタケ由来のシイタケ菌糸体>>」については、本サイト内でも情報提供をしています。

2011/11/15 産経新聞東京
専門家コメント
□ビフィズス菌が大腸悪玉菌を抑える研究の紹介記事
記事によると、ビフィズス菌「BB536」ヨーグルトを半年食べる臨床試験を森永乳業が行ったところ、大腸癌の関与が指摘されているETBF菌の数が減ったとのこと

2011/10/28 産経新聞東京
臨床研究
□ビタミンEの多量摂取で前立腺癌リスクが上昇する研究の紹介記事
記事によると、米国クリーブランド病院がビタミンEを多量に摂取する人はそうでない人に比べて前立腺癌になる危険性が高い結果を発表したとのこと

2011/10/16 毎日新聞
臨床研究
記事によると、癌になると増える免疫抑制細胞が癌治療を阻んでいることが明らかになり、免疫抑制細胞を減らす医薬品や食品成分の研究開発が進められているとのこと。
2011/09/16 がんサポート
臨床研究
関連リンク: (財)大阪癌研究会内の検討会>>小林製薬の研究紹介>>
記事によると、乳癌術後ホルモン療法にシイタケ菌糸体を併用する際の安全性とQOL・免疫改善作用が報告されたとのこと
シイタケ菌糸体>>」については、本サイト内でも情報提供をしています。
2011/07/16 がんサポート 臨床研究
□笑顔・運動・食事と免疫力の解説記事
記事によると適度な運動と笑顔、アミノ酸のシステイン、テアニンが免疫力向上に良いとのこと
2011/03/11 毎日新聞 専門家コメント
記事では、癌患者さんのサプリメントの利用に関するポイントが解説されています。 2011/01/16 がんサポート 専門家コメント
記事によると、青森県立保健大がボタンイボタケから抗癌成分を発見したとのこと 2011/01/12 毎日新聞他 成分研究
□シイタケ菌糸体が癌ペプチドワクチン療法の効果を向上させる研究の紹介記事
記事によると、島根大学医学部の研究で、シイタケ菌糸体が癌ペプチドワクチン療法の効果増強作用を持つことが判明したとのこと
シイタケ菌糸体>>」については、本サイト内でも情報提供をしています。
2011/01/05 産経新聞大阪 動物研究
□がん予防に良い食事に関する記事
記事によると、全粒穀物、青魚、キノコなどのバランスの良い食事ががん予防に良いとのこと。
2010/11/24 毎日新聞 専門家コメント
□サメ頭軟骨の腫瘍抑制作用に関する記事
記事によると、弘前大学地域共同研究センターが、アブラツノザメの頭部軟骨成分に、腫瘍が増殖するときに増える酵素を抑える作用を確認したとのこと
サメ軟骨>>」については、本サイト内でも情報提供をしています。
2010/10/01 朝日新聞 動物研究
□抗がん剤副作用軽減レシピ開発に関する記事
関連リンク:キッコーマンニュースリリース>>
記事によると、千葉県がんセンターとキッコーマンが、抗がん剤治療の副作用で食欲不振に苦しむがん患者向けのレシピの共同研究に取り組むとのこと。
2010/07/29 東京読売新聞 ヒト研究
□発酵食品テンペの大腸癌予防研究に関する記事
関連リンク:広島大学ニュースリリース>>
記事によると、広島大大学院生物圏科学研究科の研究で、インドネシアの伝統食・大豆発酵食品「テンペ」に大腸癌予防効果を示したとのこと。
2010/05/23 大阪読売新聞 動物研究
関連リンク:(財)大阪癌研究会内の検討会>>小林製薬の研究紹介>>
記事によると、(財)大阪癌研究会と小林製薬の研究で、シイタケ菌糸体が最新理論に基づいた効果的な免疫力活性化作用を持つことを示したとのこと
シイタケ菌糸体>>」については、本サイト内でも情報提供をしています。
2010/05/16 がんサポート ヒト研究
□タコを用いた機能性成分開発に関する記事
記事によると、広島大大学院生物圏科学研究科がビタミンB6を多く含むタコの大腸がんへの有用性研究を開始するとのこと
2010/04/23 大阪読売新聞 成分研究
□機能性成分との付き合い方に関する記事
記事よると、機能性成分の癌に対する効果は科学的根拠が十分でなく、検証が求められるとのこと

2010/04/22 朝日新聞

ヒト研究
記事によると、遺伝子に含まれる核酸を食事で摂取することが健康長寿に繋がるとのこと 2010/03/05 産経新聞大阪 成分研究
□機能性成分との付き合い方に関する記事
記事によると、ビタミン摂取が足りている方で、抗酸化栄養素をがん予防のために摂取する効果は必ずしも明らかではないとのこと
2010/02/09 毎日新聞 ヒト研究
□食生活と肺癌リスクに関する記事
関連リンク:国立がんセンターから研究結果詳細公開>>
記事によると、厚生労働省研究班の調査でたばこを吸わず、大豆を多く摂取したほうが、肺がんの発症リスクが経るとのこと

2010/02/06 東京読売新聞

ヒト研究
□塩分の多い食品と癌リスクに関する記事
関連リンク:国立がんセンターから研究結果詳細公開>>
記事によると、厚生労働省研究班の調査で塩分の多い食事を摂ると、がんの発症リスクが高まる可能性があるとのこと
2010/02/04 大阪読売新聞 ヒト研究
□大豆、魚介、乳酸菌と乳癌リスクに関する記事
記事によると、聖マリアンナ医科大学や東京大学の研究で、魚の脂肪酸や大豆・乳酸菌が乳癌の予防につながる可能性があるとのこと
2010/01/28 産経新聞東京 ヒト研究
記事によると、がんは慢性の炎症状態であり、栄養成分EPAがこの炎症を抑える研究が進んでいるとのこと 2009/12/17 がんサポート ヒト研究
□がん予防成分高含有ケール開発に関する記事
記事によると、長野県とキリンホールディングス(HD)が、がん予防につながる成分グルコラファニンの含有量が、従来種より数十倍多いケールの新品種を共同開発したとのこと
2009/11/26 毎日新聞 成分研究
□みかん成分での免疫力アップに関する記事
記事によると、愛媛大農学部がみかんに含まれるβクリプトキサンチンがマウスの免疫力をアップさせるデータを取得したとのこと
2009/10/29 大阪読売新聞 動物研究
□低カロリーと長寿の研究に関する記事
関連情報リンク:専門誌「science」からの論文概要紹介(英語)>>
記事によると、サルを使った米国での実験結果では、カロリー制限したサルの癌になる割合が、カロリー制限しなかったサルの1/3になった研究結果が得られたとのこと
2009/09/28 朝日新聞 動物研究
□シイタケ菌糸体のがん患者への臨床試験で有用性が確認されたことに関する記事
関連リンク:小林製薬ニュースリリース>>
(財)大阪癌研究会内の検討会>>と小林製薬(株)が、再発予防を期待する癌患者がシイタケ菌糸体を摂取すると免疫力が回復することを米国癌学会で報告したとの記事
シイタケ菌糸体>>」については、本サイト内でも情報提供をしています。
2009/06/08 産経新聞 ヒト研究
明治乳業食機能科学研究所によると特定の乳酸菌ががん細胞などを殺すNK細胞を活性化させて、免疫力を強めることを証明しているとの記事 2009/05/28 東京読売新聞 ヒト研究
1980年代の疫学調査では、みそ汁を飲む頻度が高いほど、胃がんによる死亡率が低かったいう結果が出ていることの紹介記事 2009/05/28 東京読売新聞 ヒト研究
□野菜の肝がん予防研究に関する記事
関連情報リンク:国立がんセンターから研究結果詳細公開>>
記事によると、厚生労働省研究班の調査で野菜を多く食べるほうが肝がんの発症危険度が高く、果物はとりすぎると逆に危険度が高まることがわかったとのこと
2009/03/11 東京読売新聞 動物研究
□大豆による肝がんリスク増研究に関する記事
関連リンク:国立がんセンターから研究結果詳細公開>>
記事によると、厚労省の研究班の調査で、大豆を食べ過ぎると乳癌の危険度は下がるが、一方で肝がんの危険度は高まることがわかったとのこと
2009/03/11 東京読売新聞 動物研究
関連リンク:国立がんセンターから研究結果詳細公開>>
記事によると、厚労省研究班の疫学調査でメタボ体質は肝がんのリスクが高いことがわかったとのこと
2009/03/10 共同通信 動物研究
ページトップ