• TOP比較
  • 癌・機能性成分の最新ユース
  • イラスト解説:免疫力とがん
  • Q&A
  • サイト編集方針
癌に対する機能性成分の効果について、マスコミや学会発表などの第三者からの情報で、検証することを目的としています。

<2017年11月1日更新>

ハナビラタケ

ハナビラタケの効果・副作用の研究成果

ハナビラタケとは? 国内の針葉樹の根元や切り株に自生する食用のおいしいキノコ。白から乳白色で、花びらが波型にうねるような形をしています。ハナビラタケの有用成分として、国際データベースで報告されているものはありませんが、一般に「ベータグルカン」が有用成分として紹介されています。 国際データベースに癌患者の方におけるハナビラタケの有用性や副作用を示す論文や報告はなく、あまり研究されていないのが現状です。

ハナビラタケに関するヒト臨床研究情報まとめ

■国際データベースのヒト論文掲載(PubMed)
掲載件数※ 癌への免疫力を高める作用 癌の免疫抑制を軽減する作用 癌闘病時の体力回復作用 抗がん剤に近い作用 効果がなかった 副作用があった
0件
×
×
×
×
なし なし

※2000年以降、ヒト臨床研究論文の件数
(効果がなかったという報告の論文は除く)

1.がんに関するヒト臨床研究情報<要約>

■ハナビラタケ関連のヒト臨床研究報告<要約>

ヒト臨床試験とは、健康食品やサプリメントなどについて、その有用性や安全性を科学的かつ客観的に示すためのエビデンス(科学的根拠)を取得するために、ヒト(人間)を対象に行う試験のことです。

タイトル・文献・PubMed№ 解説 信頼度
癌の患者さんを対象にしたハナビラタケの臨床研究報告は、調査した範囲ではありませんでした。
×
■ハナビラタケ関連の研究ニュース
タイトル・内容(発行日、紙面名) 解説
癌の患者さんを対象にしたハナビラタケ関連の研究ニュースは、調査した範囲ではありませんでした。

2.その他、参考情報

ハナビラタケに関連したヒト臨床研究以外の研究ニュースとして、がん専門誌、新聞に掲載された最新記事5件をご紹介します。

タイトル・内容(発行日、紙面名) 解説
ハナビラタケ 新たな作用 がんの転移を抑制
大腸がん発生予防 ユニチカ発表

(2007/10/4 産経新聞 大阪朝刊)
記事・関連情報のリンクはありません。
記事によると、ユニチカが、キノコの特異種「ハナビラタケ」が、がんの転移を抑制したり、大腸がんの発生を予防したりする作用を動物実験で確認したと発表、大腸がんの予防作用は横浜市のがん学会でも報告したとのこと。
■ハナビラタケの主要研究企業
研究企業名 研究内容
ユニチカ 繊維大手企業。ハナビラタケ製品も一部取り扱う。
■ハナビラタケの関連サイトのリンク
リンク先 掲載内容
ウィキペディア(インターネット上の百科事典) ハナビラタケ>>
ページトップ