• TOP比較
  • 癌・機能性成分の最新ユース
  • イラスト解説:免疫力とがん
  • Q&A
  • サイト編集方針
癌に対する機能性成分の効果について、マスコミや学会発表などの第三者からの情報で、検証することを目的としています。
ハナビラタケ

ハナビラタケの効果・副作用の研究成果

ハナビラタケとは? 国内の針葉樹の根元や切り株に自生する食用のおいしいキノコ。白から乳白色で、花びらが波型にうねるような形をしています。ハナビラタケの有用成分として、国際データベースで報告されているものはありませんが、一般に「ベータグルカン」が有用成分として紹介されています。 国際データベースに癌患者の方におけるハナビラタケの有用性や副作用を示す論文や報告はなく、あまり研究されていないのが現状です。
ハナビラタケの
研究関連ニュース
タイトル・内容(紙面名、発刊日) 解説 研究の種類
2007/10/04 産経新聞
ハナビラタケから精製したベータグルカンの研究記事
リンク: 記事・関連情報のリンクはありません
記事によると、ユニチカ中央研究所はハナビラタケから精製したベータグルカンがラットの癌転移数を抑える可能性を示したとのこと 動物研究
ハナビラタケ関連の
関連の臨床報告
タイトル・内容 解説 研究関連・企業
癌の患者さんを対象にしたハナビラタケの臨床研究報告は、調査した範囲ではありませんでした。    
ハナビラタケの
主要研究企業
ユニチカ
繊維大手企業。ハナビラタケ製品も一部取り扱う。
ハナビラタケの
関連サイトのリンク
独立行政法人 国立健康・栄養研究所での記載はありません
ページトップ