• TOP比較
  • 癌・機能性成分の最新ユース
  • イラスト解説:免疫力とがん
  • Q&A
  • サイト編集方針
癌に対する機能性成分の効果について、マスコミや学会発表などの第三者からの情報で、検証することを目的としています。
霊芝

霊芝の効果・副作用の研究成果

霊芝とは?  霊芝は、癌の患者の方を対象としたヒト臨床試験での研究成果が、国際データベースに複数登録されており、研究が進んでいる成分の1つです。主に中国や台湾で研究されており、大腸癌患者の免疫の値が改善した報告などがあります。しかし、一方で、「癌患者の 方に効果はなかった」という報告もあり、日本の研究でも前立腺癌では効果がないとの報告もされています。そのため評価が難しい成分です。
 霊芝は、マンネンタケ科に属するキノコで、別名としてマンネンダケと呼ばれることもあります。古くから中国や日本で生薬として用いられてきました。
 霊芝の有用成分としては、「ベータグルカン」を含む多糖成分が、国際データベースで報告されています。国際データベースに、日本の企業の研究はほとんどなく、中国などでの研究が進んでいるようです。
霊芝の
研究関連ニュース
タイトル・内容(紙面名、発刊日) 解説 研究の種類

2004/10/19 産経新聞
ウコン摂取などが原因で肝障害が起こっていることに関する記事
記事・関連情報のリンクはありません

記事によれば、東京逓信病院の調べで、病院の患者で、機能性成分摂取で肝機能が悪化した可能性のある患者が複数いて、多くはウコン摂取者で他に霊芝摂取者も含まれていたとのこと  
霊芝関連の
臨床報告
タイトル・内容 解説 研究関連・企業
NEW !
乳がん癌患者の摂取試験
2012年 Evid Based Complement Alternat Medl誌
中国で、乳がんホルモン療法実施中患者が摂取したところ、疲労やQOL(生活の質)が改善する作用が観察された報告です。 中国研究機関
前立腺癌患者の摂取試験
(効果がなかったという報告)
2010年 Int J Urol誌
日本で、放射線治療後もPSA(腫瘍マーカー)の上昇が見られる前立腺癌患者に鹿角霊芝を摂取させたところ、PSA値の改善(抗癌効果)は観察されなかったという報告です。 京都大学
化学療法と放射線療法を行っている癌患者への中国生薬服用効果
Phytother Res 2009
台湾で、化学療法/放射線療法を行っているガン患者に霊芝を含む混合成分を服用させると、対照群に比べてリンパ球数の低下が抑えられたという報告があります 台湾研究機関
進行がん患者の生薬服用時の免疫機能推移
Int Immunopharmacol 2006
中国で、進行大腸癌患者に霊芝から分離した多糖成分を服用させると、NK細胞活性などが上昇したという報告があります 中国研究機関
進行肺癌患者の霊芝水溶物投与時の免疫能変化
(効果がなかったという報告)
J Med Food 2005
ニュージーランドで、進行肺癌患者に霊芝から分離した多糖成分を服用させたところ、免疫指標には明確な差はなかったという報告があります。 ニュージーランド研究機関
霊芝の
主要研究企業
サントリー株式会社
・大手酒類・飲料メーカー
・機能性成分の開発販売も手がけている。
霊芝の
関連サイトのリンク
ウィキペディア(インターネット上の百科事典):霊芝>>
独立行政法人 国立健康・栄養研究所>>
「レイシ」と「マンネンタケ」で記載があります。
レイシの素材情報に、安全性・有用性の情報が豊富です。
ページトップ