• TOP比較
  • 癌・機能性成分の最新ユース
  • イラスト解説:免疫力とがん
  • Q&A
  • サイト編集方針
癌に対する機能性成分の効果について、マスコミや学会発表などの第三者からの情報で、検証することを目的としています。
フコイダン

フコイダンの効果・副作用の研究成果

フコイダンとは? 昆布、メカブやモズクなどの海草類には表面に「ぬめり」がありますが、この「ぬめり」成分に多く含まれる硫酸多糖の一種を総称してフコイダンと呼びます。
フコイダンの有用成分に関する報告は、疲労回復作用の報告はあるものの、国際データベースでは乏しいようです。
フコイダンの
研究関連ニュース
タイトル・内容(紙面名、発刊日) 解説 研究の種類

2010/10/02 大阪読売新聞
フコイダンのインフルエンザ予防に関する記事
記事・関連情報のリンクはありません

記事によると、タカラバイオと富山大学がフコイダンに、インフルエンザウイルスを予防する効果があることをマウスで確認したとのこと 動物研究
2008/10/09 読売新聞
マコンブの仮根(ガニアシ)の未病に対する作用に関する記事
記事・関連情報のリンクはありません
記事によると、(株)日本食生活指導センターが日本未病システム学会でマコンブの仮根(ガニアシ)に発毛作用を報告すると共に、昆布には血圧や免疫に良い作用が報告されているとのこと 特定の研究ではない
2008/03/24 毎日新聞
昆布成分について専門家が解説した記事
記事・関連情報のリンクはありません
東京農業大学 西澤信教授による昆布成分の解説記事で、カリウム、カルシウムなどミネラル類、ぬめり成分のアルギン酸やフコイダンなどが含まれている、特に普段は食べない昆布の根に多く成分が含まれているとのこと 成分研究
2007/12/16 産経新聞
モズクフコイダンの抗癌剤副作用抑制作用に関する記事>>
記事によると、海産物のきむらやが鳥取大学と共同で発見した、モズク由来フコイダンの抗癌剤副作用軽減作用について特許出願したとのこと 成分研究
2007/08/24 産経新聞
低分子フコイダン療法検討会開催に関する記事
記事リンク:記事・関連情報のリンクはありません
記事によると、NPO法人「統合医療と健康を考える会」による低分子フコイダン療法検討会でのフコイダンに関する報告会をおこなったとのこと 特定の研究ではない
フコイダン関連の
臨床報告
タイトル・内容 解説 研究関連・企業
大腸癌患者の摂取試験
2011年 Oncol Lett誌
日本で、大腸がん化学療法実施中患者が摂取したところ、疲労が改善する作用が観察された報告です。 鳥取大学/海産物のきむらや
フコイダンの
主要研究企業
タカラバイオ株式会社
・遺伝子工学関連の試薬・サービス販売を主とする
・機能性成分の製造販売も手がけている
研究成果:「タカラバイオ研究データ情報>>」で報告されている。
フコイダンの
関連サイトのリンク
ウィキペディア(インターネット上の百科事典):フコイダン>>
独立行政法人 国立健康・栄養研究所>>
「フコイダン」の素材情報に、安全性・有用性の情報あります。
ページトップ