• TOP比較
  • 癌・機能性成分の最新ユース
  • イラスト解説:免疫力とがん
  • Q&A
  • サイト編集方針
癌に対する機能性成分の効果について、マスコミや学会発表などの第三者からの情報で、検証することを目的としています。
アガリクス

アガリクスの効果・副作用の研究成果

アガリクスとは?  アガリクスは、機能性成分の中では、最も有名なものの1つです。癌の患者の方を対象としたヒト臨床試験での研究成果が、国際データベースに複数登録されて おり、 研究が進んでいる成分の1つです。主な報告として、韓国で行われた婦人科癌化学療法との併用試験では、QOLの改善効果が報告されています。 一方で、日本で行われた前立腺癌の試験では「抗癌効果はなかった」とも報告されています。
 安全性については、日本で癌患者で肝障害症例の報告がされており、また一部メーカーのアガリクス製品について、発がん性の問題が厚生労働省から指摘されたこともあります。そのため、評価が難しい成分です。
 アガリクスの有用成分としては、「α-βグルカン複合体」と「ABMK-22」が、国際データベースで報告されています。
アガリクスの
研究関連ニュース
タイトル・内容(紙面名、発刊日) 解説 研究の種類
2008/4/9 毎日新聞
四国がんセンターのインタビュー記事
リンク: 記事・関連情報のリンクはありません
記事によると、四国がんセンターでアガリクスの安全性を検証する研究を行っているとのこと ヒト研究
2007/11/06 毎日新聞
アガリクスの安全性臨床試験に関する記事
リンク: 記事・関連情報のリンクはありません
記事によると、厚生労働省研究班がアガリクスの安全性を検証する臨床試験を開始し、適切な情報発信を目指すとのこと

ヒト研究

2006/07/15 産経新聞
アガリクス研究者の講演会に関する記事
リンク: 記事・関連情報のリンクはありません
記事によると、「アガリクスの安全性・機能性に関する講演会」が東京で開催され、金沢大学太田教授・他から安全性に関する報告がされたとのこと 特定の研究ではない
2006/04/03 毎日新聞
アガリクスの有効性?と副作用に関する記事
リンク: 記事・関連情報のリンクはありません
記事では、キリンウェルフーズ社製アガリクス製品の発ガン作用問題での回収事件や国立がんセンターの医師らによるアガリクスによる肝障害副作用の疑い報告、などが紹介されている 特定の研究ではない
2006/2/13共同通信
安全性問題でのアガリクス製品回収に関する記事>>
関連リンク:
厚生労働省関連情報>>
キリンウェルフーズ関連リリース>>
記事によると、厚生労働省ががキリンウェルフーズ社製アガリクス製品に発がん促進作用を認め、回収を指示したとのこと 動物研究
アガリクス関連の
臨床報告
タイトル・内容 解説 研究関連・企業
NEW !
前立腺癌患者の摂取試験
(効果がなかったという報告)
2010年 Int J Urol誌
日本で、放射線治療後もPSA(腫瘍マーカー)の上昇が見られる前立腺癌患者にアガリクスを摂取させたところ、PSA値の改善(抗癌効果)は観察されなかったという報告です。 京都大学
アガリクス抽出エキス飲用のアンケート調査
2007年 BMC Complement Altern Med誌
日本で、アガリクス製品の仙生露を飲用している癌患者の方に、アンケートを実施したところ、何らかの満足感を得ている方が多いという報告です。

エス・エス・アイ

アガリクス服用が、癌患者に重度の肝障害を引き起こした可能性がある
2006年 Jpn J Clin Oncol誌
日本で、アガリクスを服用した3名の癌患者が重篤な肝障害に陥ったという報告です。 国立がんセンター東病院
婦人科癌患者のNK活性・QOL改善作用
2004Int J Gynecol Cancer誌
韓国で、婦人科癌の患者の方に、アガリクスを服用させたところ、NK活性とQOLが回復したという報告です。 カトリック大学(韓国)
アガリクス関連の
臨床報告
株式会社エス・エス・ アイ
・主に原料メーカーの協和エンジニアリングと共同で研究を行っている
・機能性成分・美容関連商品等の企画開発・製造・販売
研究成果:「アガリクス・ブラゼイ協会>>」で報告されている。
アガリクスの
関連サイトのリンク
ウィキペディア(インターネット上の百科事典):アガリクス>>
独立行政法人 国立健康・栄養研究所>>
「アガリクス」で記載があります。
ページトップ